皮膚の保湿の考え方を書いておきます。

 まず、皮膚の構造を理解してください。皮膚は大きく表皮と真皮に分かれています。

ネットからの画像


真皮は血流が豊富です。皮膚の赤みは真皮に流れている血液の色です。

表皮は薄くて、血流はほとんどありません。また、真皮までは神経が走ってますが、表皮にはありません。

皮膚がペリッとめくれることがあるでしょう。あれは表皮がはがれてるのです。痛くないですね。

深く切ったりすると痛いし血が出ます。これは傷が真皮にまで到達しているからです。





気温が下がると、皮膚が乾燥します。気温が下がることで皮膚の血流が減ることに加え、現代の家庭ではエアコンを使うことが多いので、空気が乾燥すること、が主な理由です。

表皮は十分な水を含むと外からの刺激に強いですが、乾燥すると軽い刺激でも真皮に伝わりやすくなります。水を含んだしっとり肌だと十分な保護作用があるのに、乾きすぎると表皮が薄くなるとイメージしてください。

すると、ちょっとした刺激が表皮の下の真皮まで伝わりやすくなりますね。だから神経末端が刺激されて、痒みが出るのです。
※痒みはごく弱い痛みです。痛覚神経が軽く刺激されることで痒いわけです。


ここまで良いでしょうか?皮膚は表皮の水分が大切だということですね。



さて、皮膚の状態はお子さんによって随分違います。しっとりとした子もいるし、ガサガサの子もいます。お父さん、お母さんの皮膚と似ていませんか?実は、皮膚の強さは遺伝要素が大きいのです。これは表皮を構成するタンパク質が遺伝子によって決まってるからです。両親のどちらかがアトピー性皮膚炎だと、お子さんもアトピーや乾燥肌になりやすいですね。遺伝子を取り換えることはできません。

ですが、皮膚の水分量は体質だけでなく、他にも大きな要因があります。なんだか分かりますか?




それは、皮膚の上の細菌です。皮膚の上には常在細菌叢と呼ばれる細菌が住んでいます。その中の善玉菌(表皮ブドウ球菌)がグリセリンを分泌するのです。
グリセリンは表皮から水分が逃げるのを防ぎます。ですので、たっぷり常在菌を持っている方が皮膚が強いのです。


なぜわざわざ菌がグリセリンを分泌するかというと、菌自身のためです。善玉細菌は外部からの競合する菌の侵入を避け、自らが増殖しやすいようにグリセリンを分泌してるというわけです。細菌が考えてるやってることではなく、グリセリンを分泌する遺伝子を持った細菌が皮膚の上で生き残りやすかったのですね。結果として細菌は皮膚を守り、ヒトと共生することになったのです。ヒトは700万年もかけて進化してきた生物です。その過程で体毛を失ったヒトは、善玉菌の鎧(よろい)をまとうことになったのかもしれません。

今の子どもは乾燥肌が増えていますが、小さい頃から石鹸で洗われるため、常在菌が定着しないことが大きな原因だとわたしは考えています。皮膚の上の細菌は皮膚を守るために必要なわけですから、できるだけ石鹸を使わないようにして下さい。石鹸が使われるようになったのは明治時代以降です。もともと赤ちゃんの遺伝子は、石鹸で洗われることを想定してなかったのです。


さて、ここからは現代の医療の問題ですが、患者さんから保湿剤を処方してください、と言われることが多々あります。

代表的な保湿剤のヒルドイド




その他にビーソフテンという名前の薬剤もあります。中身はほぼ同じです。


この薬剤の値段を知ってますか?

ヒルドイドは1gあたり概ね22円です。ビーソフテンは後発品で1gあたり7円です。




ん?安いじゃないかって?

とんでもない!特にヒルドイドはめちゃくちゃ高いんですよ。


25gのちっこい入れ物でも550円です。100g処方されたら2200円、これまでの最高は400gというのを見たことがありますが、なんと8800円!です。

ちなみにハイオクガソリンは1gあたり0.19円です。ヒルドイドはガソリンの100倍以上の値段です。めちゃくちゃ高い液体なんです。
※ガソリンと比較するのは無茶かも(苦笑)。


ところが、今は乳児医療の制度があります。だいたいの地域では、1回の受診あたり500円でしょう。薬剤費がいくらかかっても値段は同じです。

ヒルドイドが発売されて、塗ると少ししっとりします。肌触りが良いので人気がありました。わたしも過去に処方していたことがあります。

ですが、人気が出ると、メーカも宣伝します。化粧品と同じようなコマーシャルがされて患者さんの評判も良くなる。欲しがる人が増えてきます。いくら高い薬と言っても、患者さんが支払う額は500円です。もらえばもらえるほど得をした気分になるでしょう。

なお、ほぼ同じ薬を楽天で買うと  ここ  4300円もします。
そりゃ〜、皆さん、クリニックを受診して500円でもらおうとしますよね。
また、たくさん処方してくれるクリニックほど人気が出るということがあります。

こうして保湿剤が全国の小児科とか皮膚科でたくさん処方されるようになりました。すると保湿剤を作っているメーカーは売り上げが伸びるためにどんどん宣伝する。ますます保湿剤が処方されるようになる。

いわゆる資本主義の原理で販売規模が急速に拡大していき、現在は保湿剤の総売り上げはなんと年間数千億円というすさまじい規模になってます。

ここの記事からの転載ですが。



2015年のデータですが、ヒルドイドソフト軟膏は8億6千万グラム、ヒルドイドローションは6憶3千万グラム処方されています。このグラム数に22をかけたものが発生した薬剤費(円)です。それに加えて、処方料とか診察費もかかっています。

今では大量に処方をしてもらって、他人に配る方さえいます。
※外来で、「友人からもらったんですが、同じ薬を処方してください。」って言われたことがあります。軽い衝撃を受けました。

医療費は有限です。現在は医療が高度化して、高いコストがかかるようになり、そこには税金も投入されています。保湿剤にかかってる数千億のお金は、将来の子どもたちの借金です。それで良いのでしょうか?

たとえばワクチン接種のように、長期的に子どもの成長にプラスになるのであれば、わたしは莫大なお金をかけても良いと思います。子どもの健やかな成長を守るのは今の社会の責務です。ですが、保湿剤はあくまで一時的に子どもの肌に潤いを出すだけです。数時間でその効果は消えてしまいます。長期的な効果など誰も知りません。スタディもされていません。

皮膚は免疫の要(かなめ)です。生涯体を守ってくれるもので、子どもの皮膚を強くすることは大切なことです。しかし、上記に解説した皮膚の構造そのものは遺伝によるもので変えようがありません。いくら保湿剤を塗布しても、一時的な効果しかないのは当たり前です。

子どもの皮膚を強くする唯一の方法は、皮膚の常在細菌叢を正常化することです。現代社会では、あまりに清潔主義が進みすぎて、赤ちゃんの頃から毎日石鹸で皮膚を洗う習慣があるでしょう。これは本来おかしいことで、赤ちゃんは皮膚の上に細菌を生やすことで皮膚のバリヤを作るのです。細菌は悪者!という誤った考えが現代の子どもたちの皮膚を弱くしています。

ヒルドイド等の保湿剤は使用感を良くするために、微量の界面活性剤が入っているのも問題です。界面活性剤は皮脂成分を洗い流してきれいにする作用があるのですが、同時に皮膚の常在細菌も減らしてしまうことになります。
湿潤療法を開発した夏井先生のHPも参照してください。 ここ

莫大な医療費を使って、熱心に保湿剤を塗って、その結果が「一時的に子どもの皮膚をすべすべにする」ことだけだとしたら悲し過ぎませんか?いまの状況はあまりにおかしいと思います。


ですので、当院の乾燥肌の方針としては、シンプルに下記としています。

1、できるだけ石鹸を使わない
 常在細菌叢を守るためです。

2、常在細菌にダメージを与えるような薬剤は皮膚に塗布しない。
 お勧めはベルツ水(グリセリン液)です。スプレーで振りかけるだけだし、薬剤費もけた違いに安いです。赤ちゃんだとワセリン(プロペト)が良いと思います。1日に何度か塗ることで皮膚の乾燥を防ぎます。

3、ひどい湿疹は速やかに治療する。
 湿疹のひどいのって、黄色ブドウ球菌等の悪玉菌が増えます。皮膚の炎症がこういった悪玉菌のえさですので、ステロイド軟膏を使って速やかに炎症を抑えてください。悪玉菌が持続的に感染するとアトピーの原因になります。


残念ながら、一生懸命皮膚をきれいにしようと思うと、かえって乾燥肌の体質を作ってしまいます。それがアレルギーにも関係してます。実際、アレルギーは先進国の病気でしょう。発展途上国では少ないのです。

子どもを石鹸で洗うのはできるだけ沈沈(または、おまた)と髪の毛だけにして下さい。その他は適当で良いですよ。まったく臭くもなりません。その方がお母さんも楽でしょう。



Top



当院の保湿剤の考え方